スペシャルプログラム
ビジネス・リーダー養成プログラム
アカウンティング・プラクティス(AP)コース

コース概要

会計に関する専門知識を習得し、ビジネス・アカウンタントを目指す

企業を研究対象とする経営学において、会計は共通言語として位置づけられます。将来の就職先、あるいは投資先の企業を選択する上で、企業分析は欠かせませんが、簿記・会計のセンスを身に付けておくと、一見すると無機質な数字からより多くのことを発見することが出来るでしょう。また、日商簿記検定2級などの資格を取得しておくことは、簿記・会計知識が十分に備わっていることを公に示すことができ、就職においても有利に働きます。

本コースは、簿記・会計の知識を自らの強みとして生涯に活かしたい人のためのコースであり、会計に明るい企業人として「ビジネス・アカウンタント」を育成することを目的としています。

経営学部の学生は、1年次に日商簿記検定3級に合格することを目指します。本コースは日商簿記検定3級合格者を対象としており、2年次から本コースに所属する学生は少なくとも日商簿記検定2級には必ず合格し、さらに日商簿記検定1級にも挑戦します。本コースの授業は、主に大原簿記学校の講師を中心として行われます。

1年次(共通):
基本となる「経営学・会計学
・商学」の
理論を学ぶ

2年次:
より高度な
会計学の知識をマスター

3年次:
真の「会計力」をめざす演習。
大学院へ早期進学も可能

ビジネス・アカウンタントへの
夢をカタチに!

プログラムの流れ

このコースは2年次の前期から開講されます。2年次では、大原簿記専門学校神戸校とのタイアップにより会計的な考え方の基礎を学ぶとともに、計算力の強化(日商簿記2級レベル)に努めます。

3年次では、より高度な企業会計基準等の専門知識を学び、会計的思考の修得をはかります。このプログラムにより公認会計士試験の短答式や、税理士試験の科目合格のために備えることができます。

カリキュラム詳細

このコースを学ぶことにより広がる将来像

いまビジネス社会で求められているのは、「会計リテラシー」を身に付けた人です。経営成績の良好な企業の多くは、その経営者が経営を理解しています。「会計リテラシー」を身に付けていない経営者は能力不足といっても過言ではありません。このコースで学ぶことにより、みなさんも「会計リテラシー」を身に付け、将来、ビジネス・アカウンタントとして活躍することが可能になります。「会計力」は、生涯を通じてあなたの強い味方になります。

※入学時にすでに日商簿記検定2級を保持する場合は、入学直後から本コースに所属し、1年次から日商簿記検定1級を念頭に置いた講義を受講することも可能です。

PAGETOP